Day16:Part5対策②〜間違えた原因を見極める〜

Day16:Part5対策②〜間違えた原因を見極める〜

ケンです。

 

 

今回は私が思うPart5対策で絶対にすべきこと2つの解説をしていきたいと思います。

 

 

前回私が示したのはこの2点でした。

 

 

1.間違えた問題はなぜ間違えたか考える

2.復習

 

 

まず1について、

 

 

ここは非常に重要です!

 

 

Part5を間違える時は2つのパターンがあります。

 

1つ目は分からない単語が多く正解に導けなかったパターン、2つ目は文法そのものが分からず間違えてしまったパターンです。

 

 

ここをしっかりと見極める必要があります。

 

 

なぜかというと、単語が原因の場合は単語を覚えればすぐにでも解決できます。しかし文法が原因の場合はなかなかすぐには理解できないでしょう。

 

 

このとき単語が原因と文法が原因のミスをごちゃごちゃにしてしまうと、「自分は文法が苦手なんだ」「Part5はできない」と思い込んでしまいます。

 

 

それが原因で文法やPart5に苦手意識を持つのは良くありません。

 

実際、「文法問題でる1000問」には語彙問題は全体の10/30ほどあると示されています。↓

 

 

 

以上が、なぜ間違えたのか・どのパターンで間違えたのかを知る必要がある、と私が考える理由です!

 

意外と長くなりましたので、2.復習については次回に持越します!

 

何かご質問があれば気軽に下記にてご質問ください!

 

今日ここまで、ばいばい!

 

次の記事はこちら→