Day17:Part5対策③〜復習〜

Day17:Part5対策③〜復習〜

ケンです。

 

 

前回はDay15の「1.間違えた問題はなぜ間違えたか考える」について述べました。

 

 

今回は、2の復習についてです。

 

 

私は英語学習において復習は基礎の基礎の基礎の基礎くらい大切なものだと感じております。

 

 

特に単語学習に復習が大切ということもDay11:英単語の覚え方②〜単語学習に最も大切なこと〜でも述べました。

 

 

これはもちろん文法問題にも同じことが言えます。

 

 

私のPart5の勉強の仕方は、とにかく問題を解くことですが問題を解いていると間違える問題が出てきます。

 

 

そこをその時だけ復習するだけでは成果はでないと個人的に感じました。

 

 

1日後、2日後、1週間後と頻繁に復習するとやはり同じような問題が出た時に正答率が高くなります。

 

 

<スポンサードリンク>




 

具体的な例でいうと、下記の問題が分かりませんでした。

Although Mr.Bond purchased him cell phone only a few months ago,he couldn’t have it repaired for free because it was not (    ) warranty.

A.  through

B.  under

C.  in

D.  on

 

みなさんも考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

正解はBのunderです。

 

私はこの問題を当初は解けませんでした。

 

 

underには「〜中」という意味があり、工事中や保証期間中という表現でTOEICでは頻出してきます!

 

 

私は定期的に復習を行なっていますので、現在はunderを見たら「〜中」という表現があるんだぞ、と頭が勝手に気づくようになりました。

 

 

このようなことの積重ねでPart5は確実に伸びます!

 

 

逆にいくら前回の1を意識して勉強しても、復習をしなければほんとうに伸びません。

 

 

それは私が実感したことです。Part5で伸び悩んでいる人は是非前回と今回の記事で述べたことを意識してください!

 

 

次回はTOEIC頻出ワードについてです。

 

何かご質問があれば気軽に下記にてご質問ください!

 

今日はここまで、ばいばい!

 

次の記事はこちら→