Day22:TOEIC頻出ワード「be supposed to 」

Day22:TOEIC頻出ワード「be supposed to 」

ケンです。

 

 

今日で頻出ワードシリーズは5日目となりました。

 

 

今回のワードはこちらです。

 

 

be supposed to

 

 

意味は、〜することになっている、です。

 

 

どのような場面で使われるかというと、
リスニング・リーディング共に目にします!

 

 

例えば、

How long is the meeting supposed to?

(会議はどのくらい時間がかかることになっていますか。)

 

 

このようにして使われるのですが、これはこの形を知っていないと意味を理解することは難しいでしょう。

 

 

私なら初見でこれを訳すことはできません!

 

 

あと、リスニングでこれが流れてもこの言葉に慣れていないと聞き流してしまう可能性は非常に高いので、少し中級者向けのワードだと思います。

 

<スポンサードリンク>




なのでリスニングで聞き取れなくても落ち込む必要はありません。

 

 

勉強を継続していればいつか聞き取れるようになります!

 

 

ちなみにこれは私の実体験です。

 

 

これを聞けると「リスニング力伸びたな」と実感することができます。

 

 

次回も頻出ワードです。

 

何かご質問があれば気軽に下記にてご質問ください!

 

今日はここまで、ばいばい!

 

次の記事はこちら→