Day39:TOEIC会場の特徴

Day39:TOEIC会場の特徴

ケンです。

 

TOEICを受けてみて初めてわかったことがいくつかあります。

 

 

まず、リスニングについてです。

 

 

今、センター試験のリスニングはイヤホンを装着して行っているはずです。

 

 

リスニングは会場の形状やスピーカーの質にもかなり影響されると思います!なのでセンター試験はイヤホンを使うのでしょう。

 

 

しかし残念ながらTOEICはイヤホン形式ではありませんでした。

<スポンサードリンク>





私が受験した会場は、一部屋に50〜60人ほどが入っており、教室の広さとしては中学や高校の教室よりやや広めという感じです。

 

 

私の席はまさかの教室の1番後ろでした。。。

 

 

正直、「うわっ」と思いましたが、実際にリスニングに支障をきたしたかというとそういうわけでもありません。

 

 

もちろんこれは私の体験なので、1番後ろだと聞こえづらいという方もいると思いますが、席によって大きな差が出るようなリスニングとは感じませんでした!

 

 

よって、リスニングの特徴としては、イヤホン形式ではないものの普通に聞き取れるぐらいですので、受験する際は心配はあまり必要ないかと思います。

 

 

次回は頻出ワードです。

 

何かご質問があれば気軽に下記にてご質問ください!

 

次の記事はこちら→